乾燥肌化粧品

乾燥肌の対策ガイド・TOP > 「シミ」の種類
「シミ」の種類

▲肝斑(かんぱん)
顔にできるシミで、ごく一般的なものです。
頬骨や鼻の下、額にできやすく、顔の中心に対して
左右対称にできるのが特徴です。
女性ホルモンが関係しているといわれ、
妊娠出産時を経た女性に多くできます。

できてしまう原因は女性ホルモンだと考えられているのですが、
紫外線などによりさらに濃くなる可能性があるので、
紫外線を避けること、体調管理には注意をしなければなりません。

レーザー治療を行うと、かえって悪化する場合があります。

<治療方法>
・ケミカルピーリング
・ビタミンのイオン導入
・薬の内服
・美白剤の外用


▲老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
加齢と共に現れるシミです。紫外線がメラニン色素の
生成バランスを壊すことによってでき、
若いころから紫外線を多く浴びていたことが、
年をとってから出てくる結果になります。

シミの中では1番多い症状で「日光性黒子」とも言われます。
体全体に現われるのですが、頬骨など特に強く紫外線を浴びる
場所にできやすいようです。

でき始めは薄いので、はっきりしないうちに対処すると
薄くすることもできますが、輪郭がはっきりしてくると完治するのは
難しいといわれています。

年をとるごとに悪化して隆起し、脂漏性角化症に変化することもあります。

<治療方法>
・レーザー治療
・ケミカルピーリング
・薬の内服
・美白剤の外用

▲太田母斑(おおたぼはん)
生まれつき持っている茶褐色のアザです。
青〜紫の内出血のように見えることもあります。
男性よりも女性によく出るといわれています。

生後間もなく現われるものは、明らかに生まれつきで
判断しやすいのですが、思春期ごろに出てくるものもあり、
目の下のクマも太田母斑である可能性もあります。

クマは年をとって見えるし、表情も暗くなりがちなので大きく悩む
部分のひとつです。
レーザー治療によって取ることができます。

<治療方法>
・レーザー治療

▲雀卵斑(じゃくらんはん)
ソバカスのことです。鼻を中心に広く頬に
散らばったように現れます。

ソバカスは遺伝的なものが強く、子供のうちから現れます。
比較的色白の人に目立つのですが、ある季節によっても
色の出方が変わり、冬になると目立たなくなる人も多いようです。

見ようによってはチャーミングなソバカスですが、
かなりコンプレックスになる場合もあるようです。

<治療方法>
・レーザー治療
・ケミカルピーリング
・ビタミンのイオン導入
・薬の内服
・美白剤の外用


▲脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
イボのように変色した部分が盛り上がってきます。
加齢によって進行することが多く、
老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも言われます。

最初はほくろのような状態で、徐々に大きく凹凸が強くなってきます。
老人の手の甲にできている茶色いシミもこの種類です。
皮膚の良性腫瘍なので痛みやかゆみ、見た目に影響のない
程度なら治療する必要がないといわれています。

<治療方法>
・切除手術
・凍結療法
・レーザー治療
・電気外科的治療

▲炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
ニキビや虫刺され、かぶれなどの皮膚炎症の後遺症です。
また強い日焼けによる火傷の跡がシミとなることもあります。

幼い頃、虫刺されや切り傷の後は完治するまで日光に
当たらないようにと言われましたが、
知らず知らずのうちに紫外線を浴びシミになっていることがあります。
ターンオーバー(新陳代謝)と共に、自然に薄くなることが多いの
ですが、紫外線を浴びることによってはなかなか消えにくいシミです。

<治療方法>
・レーザー治療
・ケミカルピーリング
・ビタミンのイオン導入
・薬の内服
・美白剤の外用

▲摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)
肌が強く摩擦することによってできてしまうシミです。
顔よりも体にあります。上腕部などの皮膚が柔らかく
よく動かす場所などで、肌に合わない素材などをつけているときの
かぶれ、ナイロンタオルなどで強く擦ることなどから
悪化することがあります。

また、下着の締め付けなどにより、血行不良から
アザになることもあります。
顔に対して気がつきにくいことが多いので、
気がついた時には悪化していることが多く、
非常に取れにくいシミでもあります。

ひどい場合、皮膚疾患として健康保険の適用で
治療することも可能です。

<治療方法>
・レーザー治療
・薬の内服

▲花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)
急激な日焼けの後に出てくる、小さい斑点で、
肩から背中などに強く見られます。赤い花弁状であることから
こう呼ばれ、レーザー治療などで取り除くこともできますが、
紫外線対策をしっかり行い、事前対策をする方が効果的です。

<治療方法>
・レーザー治療
・ケミカルピーリング
・ビタミンのイオン導入
・薬の内服
・美白剤の外用


 

関連エントリー


Copyright © 2009-2010 乾燥肌対策スキンケア人気通販ランキング . All rights reserved