乾燥肌化粧品

紫外線とは

紫外線とは、地球に到達する太陽光線の一種です。
太陽光線には、紫外線・赤外線・可視光線の3種類があり、
それぞれに波長が違います。

紫外線は1番波長が短く、エネルギーの強い光です。
可視光線は目に見える明るさ、赤外線は熱、紫外線には
殺菌効果があり、それぞれに役割があるのですが、
紫外線に関しては必要以上のエネルギーがあるために、
紫外線療法といって、殺菌作用、ビタミンDの生成作用を
利用した治療方法もありますが、実生活では有害な影響を
与えることの方が問題視されています。

紫外線はさらに、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類に
分けられています。
A→Cの順に有害なのですが、最も有害だといわれる
UV-Cは、オゾン層で吸収拡散されてしまうため地球上には
届きません。

逆にUV-Aは大気圏ではほとんど吸収されずに
地上に到達します。
強く浴びると、肌が黒く日焼けします。
肌細胞が傷つき、皮膚の老化を早めます。

UV-Bは、近年のオゾン層の減少により、
地上に到達する量が増えてきています。
強く浴びると、肌が赤くなる日焼け(サンバーン)を
引き起こします。

免疫力が低下し皮膚がんや白内障が起こる原因とされています。

 

関連エントリー


Copyright © 2009-2010 乾燥肌対策スキンケア人気通販ランキング . All rights reserved