乾燥肌化粧品

治療方法

< CO2レーザー治療 > 炭酸ガスのCO2レーザーを使う治療で、ほくろやイボ、隆起したアザなどの部位の除去に使用される。ほとんど出血をせず痛みの少ない安全な方法。多少の痛みと発熱を伴い、施術後の冷却、日焼けの防止などの適切なアフターケアが必要。
< EMS治療 > 電子機器を使った物理療法の種類。電気的(Electrical)筋肉(Muscle)刺激(Stimulation)の頭文字をとっており、電気を流すことで強制的に筋肉を刺激し、筋肉運動を行う方法。自分で行う運動ではなく、横になっている人に対して機械が行うので、痛みや苦しさはなく、萎縮した筋肉のリハビリ、リラクゼーション効果もある。市販で売られている電子機器はほとんどが微弱な低周波を使うもので、ホームケアの方法としても浸透している。細胞活動の活発化させ、新陳代謝の亢進にも効果があるため、美容器具としても使われる。
< IPL治療(フォトフェイシャル) > レーザー治療の一種で、弱い光を簡明に照射し肌の美しさを活性化させる美容方法。フォトフェイシャルとも呼ばれる。IPL(Intense Pulsed Light)という光を照射し、これは黒いものに反応する波長と赤いものに反応する波長を含み、コラーゲンを増す作用がある。弱い光なので一度に効果があるものではなく、徐々に効果が増す。シミ、シワの改善のほか、細胞活動の活発化させ新陳代謝を促進させるため、様々な肌トラブルに効果がある。
< ケミカルピーリング > ピーリングの一種。薬品を使い化学反応によって角質層をはがす方法。真皮にまで到達するくらい強い薬品を使うものもあるが、日本ではフルーツ酸という比較的刺激の穏やかなものが利用される。市販品でも、フルーツ酸入りのケミカル剤として販売されており、安価で手軽に手に入る。
< サーマクール > プチ整形の新しい手法で、メスを入れるなどの外科的手法を使わず、高周波を照射することによって、シワやタルみの改善をする美容技術のこと。皮下約3ミリ程度の細胞組織に、高周波で熱を加えコラーゲンの収縮を促す、冷却により組織の引き締めとコラーゲン池のダメージを少なくすることを繰り返し行う。施術によるダメージが少なく、リフトアップによるシワ・たるみの改善とともに、シミに対する効果もある。
< ピーリング > シミ取りやニキビ治療によく使われる方法。ターンオーバーを正常にすることが目的で、肌の活性化を促すために積極的に古い角質を取り除く。「ピール」といえば、角質を取り毛穴の中をきれいにするという意味。ピーリングには大きく2種類に分けられ、(1)化学反応によって角質層をはがす方法。ケミカルピーリングとよばれる。(2)物理的な刺激を与え、こすりとる方法があります。韓国の垢擦りもこのピーリングの一種。皮膚表面に直接傷をつけるものなので、注意が必要。
< プラセンタ治療 > プラセンタとは、胎盤より抽出されたエキスのこと。豊富な栄養素に加えて細胞分裂を促進するための活性物質が豊富に含まれている。昔から滋養強壮や若返りの薬として珍重されており、漢方薬に配合されている。胎盤エキスは薬剤として認可されている薬で、即効性は無いものの、続けることで調子が良くなってくることが証明されている。もともとは肝臓などの疾患治療のために使われていた医薬品だが、肌がきれいになる、疲れがたまらないなどという患者の声もあり、美容業界で注目されるようになった。
< ブラックピール(サリチル酸マクロゴールピーリング) > ピーリングの一種で、サリチル酸をマクロゴール基材に溶かした「ブラックピール」と呼ばれるピーリング剤を使用した方法。比較的作用の穏やかな薬剤ですが、直接塗布し、皮膚表面を薄く溶かす施術なので、注意が必要。細胞活動の活発化させ、新陳代謝の亢進、アンチエイジング効果、ターンオーバーの正常化に効果が高い。
< ボトックス治療 > ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質を使う治療。筋肉の収縮を弱める作用があり、薬剤を直接注射することで、一部分神経をマヒさせシワしわを取り去る。特に表情ジワと言われる、おでこや目尻、眉間などの深いシワに対して効果が高い。表情を作るときに使われる筋肉の動きを弱める。またえらが張っている顔形の中で、筋肉が大きいタイプの場合にも、ボトックス注射によって筋肉を委縮させることができる。わきがや多汗症など、自律神経が働きすぎている場合にも、一時働きを止めることで効果がある。
< マッサージ > 体や道具を使い、皮膚や筋肉に刺激を与え、新陳代謝をよくすること。機能回復やトラブル解消をし治療効果につなげる方法リラクゼーション効果やストレス解消にも積極的に用いられ、癒し効果がある。
< メソセラピー > メソセラピーダイエットともいわれ、気になる部分の脂肪に注射をして、脂肪を分解し取り去るダイエット方法。脂肪吸引するよりも負担が少なく、部分やせに向く。バウンドの心配が少なく、安全性が高い。注射治療の全般をメソセラピーといい、中でも大豆由来成分のフォスファチジルコリンによる脂肪融解のことは「リボディソルブ」という。ダイエット効果だけでなく、新陳代謝を促進さるため、アンチエイジング効果、ターンオーバーの正常化に効果がある。
< メソリフト > 顔に対して行うメソセラピーのこと。プチ整形として手軽で人気があり、顔やせ注射、メソコスメなどに注目されている。肌の内部に薬剤を注入する施術なので、皮膚表面のトラブルに対する即効性はないが、細胞活動の活発化させ、アンチエイジング効果、ターンオーバーの正常化に効果がある。
< レーザーピーリング > 薬剤を使わずに、レーザーで治療するピーリングの方法。レーザーによって線維芽細胞の活性化を行い、表面と内側から治療する。効果が出るには、少なくとも5〜6回の施術が必要。レーザー照射を行うので、多少の痛みと発熱を伴い、施術後の冷却、日焼けの防止などの適切なアフターケアが必要。
< 脂肪融解注射(リボディソルブ) > 痩身などに有効な美容成分を体内に注射し脂肪を分解させる方法。メソテラピーといわれることもあるが、患部に注射して治療する方法の全般を「メソセラピー」と言い、脂肪融解を目的とした注射のことを「リボディソルブ」と言う。成分は、大豆レシチンの一種であるフォスファチジルコリンで、これは豆腐や納豆、味噌、醤油などにも含まれている。もともと高脂血症や脂肪肝などの治療に使われる医薬品だが、ダイエット効果が高い。分解された脂肪は血液に吸収されて体外へ排出されるため安全。血流やリンパの流れの改善も行なえ、セルライトができにくい体質へと改善とする効果があるため、シワ・たるみの改善にもつながる。
< 女性ホルモン > ステロイドのひとつ「エストロゲン」のこと。卵胞ホルモンともいわれる。思春期以降の男女ともに分泌し、女性の場合月経周期に応じて濃度が変化する。減少すると、うつ状態、イライラ、倦怠感などの症状が出て精神バランスが不安定になる。
< 超音波導入法( ソノフォレーシス) > 超音波による低周波の振動を皮膚に与え、浸透しにくい美容成分を皮膚の深部に浸透させる方法。皮膚の弾力低下に効果があり、新陳代謝を活発にし、皮膚のサイクルを正常にする。専門の道具を使うため、エステサロンなどに行く必要がある。

関連エントリー


Copyright © 2009-2010 乾燥肌対策スキンケア人気通販ランキング . All rights reserved